デザイン

第10回「モノマチ」へ行って考えた、デザインとの向き合い方

写真は左からHej!さん、moikkaさん

モノマチとは?

第10回モノマチロゴマーク
モノづくりの町、台東区南部・徒蔵(カチクラ)エリア(御徒町~蔵前~浅草橋にかけての2km四方の地域)で毎年行われているクリエイター物販イベント。

ファッション、雑貨、食料品、インテリアなど多ジャンルのショップが参加しています。

今回わたしがお邪魔したのは、通っているデザインスクールの先生の事務所でもある「DENOMOS」さん。

先生
先生
みんなモノマチ遊びにきたらええやん

というわけで、行ってきました。

もっと詳しく知りたいという方は「モノマチ」公式ホームページへ。

「DEMONOS」さんのご様子

普段はデザイン事務所として営業している「DEMONOS」さん。この日はモノマチ仕様です。

ノート、デザインペーパー、折り紙、封筒、カード、ぽち袋をはじめ、いろいろなクラフト商品がところ狭しと並べられてます。


入ってきたお客さんの多くが第一声「かわいー!!」でした。
わかる。すごくわかる。

こんな御朱印帳、オシャレすぎてやばい。

とにかく紙モノ雑貨好きにはたまらん空間!
一点一点が丁寧につくられた空気を纏っていて、見ているだけでとてもエネルギーを貰えました。

「モノマチ」の感想

シンプルにつくるっていいなーと、そんな風に思いました。

というのも最近学校に通いながら、「もうデザインしたくない」「つくりたくない」なんて思う日が増えてて

結論これってものずくらー(クリエイター的な意味合い)としての自分が、ただパソコン上でピコピコするのに我慢ならなくなったのではないか。というのが今のところの分析結果です。

いやパソコン好きなんだけどね、こういうサイト作ったりも楽しいし、けどね、なんかそれだけだとどうしてもダメっぽい。

昔から手を動かして描いたり書いたり練ったり捏ねたり切ったり貼ったり大好きだったわたし。
そういう自分の好きなことと、真剣に向き合うのを疎かにしてたのかもしれません。

わたしのバランスとして手作業(アナログ)ピコピコ作業(デジタル)、両方やってるほうが心が穏やかだった。という結論に至りました。

*追記
そんなわけで毎日イラストを描いてます。
Twitter(@uzura_world)とinstagram(@uzuraworld)にて更新中です。

あわせて読みたい
半年間、毎日イラストを描いた記録【2017年12月〜2018年6月】2017年の12月より毎日イラストを描いてます。 きっかけは何か1つのことを続けてみようという思いつきでした。 この一日一枚...

迷ったときは、原点回帰

デザインを勉強中の人、デザイナーを目指している人って、もともとつくるのが好きな人が多いと思うんです。
ちょっと嫌になったなーって思ったときは手作業に回帰してみるの、おすすめします。

わたしは疲れたときはパソコンから離れて、紙に絵の具をのせてみたりして遊んでいます。

TOPの写真のHej!さん(左)moikkaさん(右)はデザインスクールの仲間でして
2人とも仕事しながら作品をこつこつと作られております。しかもこれがめちゃかわいいの!
デザフェスにも出店して好評だったようで、さすがです。

彼女たちのインスタアカウントはこちら

今回は「DENOMOS」さんしかお邪魔してないのですが、他にも個性的で面白そうなショップがたくさんあったので次回はゆっくり堪能したいなと思います。

ものづくりの魅力に触れらる、素敵なイベントでした。

これにて第10回モノマチレポートおわります。

まーた来年!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です