コラム

ストイックという言葉を人に使わないようにした話。

あなたのまわりにストイックだなぁと思う人はいますか?

このよく使われる「ストイック」という言葉について少し考えてみました。

「ストイック」は褒め言葉じゃない

最近、頑張ってる人や努力している人に対して
「ストイック」って言うのも、
自分が言われる側になるのも

なんとなく気分が良くないことに気づきました。

「ストイック」って、言われてもあんまり嬉しい言葉ではないと思うんです。

だったら、ねばり強い。とか
目標に対して真面目。とか
努力家。とか

言われたほうがわたしは何倍も嬉しいです。

それか結果にストイック。みたいな
○○にストイック。ならまだ分かるんですよね。

単にあなたはストイックというニュアンスが、どうも腑に落ちなくて。

 

ジムでのエピソード

たとえば以前ダイエットのためにジムに通ってたことがあって、
筋トレのメニューをトレーナーの方に組んでもらったんです。

まぁ初めてのジム通いってことでそんなに負荷の大きくないメニューだったと思います。

それを隔日ぐらいでただこなしてたんですよね。言われたとおりに。

そしたらある日そのトレーナーさんに「ストイックですね〜〜!!」って話しかけられて
「???」ってなったんです。

いやただ普通にメニューこなしてるだけやん!!!!というツッコミをそっと飲みました。

トレーナーさんに全く悪気が無いのは分かってますが、これが初めての違和感だった気がします。

 

ストイック=行動してるだけでは

ストイックに見える人って、つまり、
なりたい自分や目指すところに向かってやるべきことをやってる。

ただただ、それだけだと思うんです。

ストイックになろう!!と意識しているわけでも
ストイックな性格だから出来てるわけでもないんです。

「あなたはストイックですね」って言葉の含みとして

あなたはストイック(な性格で)
わたしはストイックじゃないから(だからあなたとは分かり合えない)、(もしくはやらない・できないことの理由にしている)

って線引きしてる部分、あると思います。
自分と切り離したところに相手がいる感覚でしょうか。

考えすぎと言われればそうなのかもですが
少なくとも、努力している人に対して「ストイック」という安易な一言で片付けない人でありたいな。と思いました。

やるべきことを当たり前にやってる人って本当にかっこいいですよね。

でも、そういう人ってストイックとかまるで意識してない気がします。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です