コラム

リクルートスーツなんて必要なくない?

就活してた頃の自分が人生でいちばんしんどすぎたのでそれを成仏させるための記事です。

社会人5年目のわたしが当時の自分に何が言えるだろうと思ったのをきっかけに文章にしました。

就職活動の違和感


この動画、ホントよくできてると思います。私が就職活動してた時期はまさにこんな感じでした。
見てるだけで鬱になりそうなので、心が弱っている就活生は要注意です。

就活ファッションに違和感しかなかった。

安心してください。この気持ち、5年前から変わってないです。

リクルートスーツなんて、正直いらないと思います。

あんな真っ黒でダサいスーツ買うなら自分の好きな色や形の、就職後も着たいと思うスーツを買ってください。

そのほうがきっと表情も明るくなってむしろ好印象です。

そしてわたし、就活カバンに勝る無駄な買い物が思いつかないです。

だってあのカバン、就職してから使おうと思いますか?

同じ値段かそれ以下でもっとデザインが良くて軽くて便利なのがいくらでもあります。

面接官はあなたのカバンなど見ていません。

それか就活カバンじゃないのが理由で不採用にすような企業に行きたいのかな?

そうじゃないよねー

当時も頭ではわかってても、やっぱ怖くて、みんなと同じで安心したかった。根が深いよほんと。

 

でもそんななか、少し変わった採用活動をしている企業に出会いました。

「採用方法が面白い企業」という視点で探すのもアリ

小さな出版社にエントリーしたときの話です。
詳細は伏せますがエントリーシートの質問も面白いものばかりで、書いてて楽しい!!ほかの企業と全然違うたのしーー!!となった記憶があります。

説明会へは「あなたらしい服装で来てください」と指定があり、当日は私服に混じって着物の人がいたり。

一次、二次面接ももちろん私服。

型にはまった「就職活動」ではなく、ちゃんと相手の人となりを見ようとしている姿勢にとても好感を持てました。

残念ながらわたしは二次面接で落ちたんですけど。

感動したのは不採用の理由を丁寧にメールしてくれたことです。
そんなことしてくれた企業、後にも先にもここだけでした。

すごくいい会社だなーと今でも印象に残ってます。

つい給料とか、仕事内容ばかりに目がいってしまうけど、企業が欲しいと思っている人材と自分がマッチしてないと、入社しても辛いだけです。

普通の就活がツマラナイと感じる人は、採用方法が面白い企業をリサーチしてみるのも一手だなあとこの時強く思いました。

違和感のツケは大きいよ

わたしは就職活動のときから、スーツや制服を着る仕事はしたくないと思ってました。

ほんとは毎日毎日真っ黒スーツに七三分けで四角いカバンを持って電車に乗るのが苦痛で仕方なかったです。

うずら
うずら
髪型とか、ファッションとか、見た目とかで評価されるのもよく分からんし
就職活動のこと考えるだけでものすごく憂鬱な気持ちになる。しにたい
はるきちくん
はるきちくん
どうしよう病んでるこの子・・・!

 

こういう違和感を見て見ぬふりして進めた結果に納得することってあんまり無いです。

違和感がたった1cmのズレだとしても、そのズレがつくる距離は時間が経てばたつほど伸びていきます。

そしてどんどん自分の内面と、行動が離れていきます。


ふと立ち止まったときに「なんでこんな場所に自分はいるんだろう。」と我に返ったことが私は何度もあります。

そのときはまた方向転換をしたり、行動を起こすことによって元の場所(=自分)に戻ることはできるのですが

何度もこの状況になるのって単純に疲れるし、ズレを元に戻す気力体力もバカになりません。

 

4つの職場を経験して見えてきたわたしの働きかた

現職含め、4つの職場で共通して思ったポイントがあります。

ご飯は好きな時間に食べたい

昼休みの時間が決まってるのも、決まった人とご飯に行くのもあまり好きになれませんでした。

12:00ぴったりにチャイムが鳴って、社員全員がその時間にお昼をとる職場もありました。無理だった。

そしてなによりも「食べるため」だけの昼休みがほんとうに嫌でした。

決められた時間に決められた場所で、無言で胃袋に食べ物を詰め込むだけの時間が結構ストレスで。

「これはエサ?エサなの?」みたいなw

 

ごはんは、大事ですよ!!!!!

毎食きっちり、ゆっくりってできなくとも
休憩時間に何かやりたいときもあるし寝たいときもあるし食欲がないこともあるじゃない。

だからせめて休むタイミングくらいは選ばせて欲しいと切に思うのです。

人間は12:00きっかりにお腹が減るロボットではありません。

残業と思う仕事は最初からしない

2社目に務めた会社が超激務で、帰りは早くて22時。終電の時間になることもザラってな環境でした。

はい。ふつうにメンタル死にました。

 

自分のやるべきこと・やりたいことなら何時間やってても苦痛ではないんです。
もちろん辛いときもありますが、単純に睡眠不足だったりエネルギー不足からの電池切れであることがほとんどです。

そういう情熱を注げることを仕事にしたほうが、わたしは幸せだと思います。

そして仕事をする大前提として、嫌なことはしないってとても大事だと思うんです。


いやいや仕事をしている人は自分も辛いだけでなく周りにも負のエネルギーを撒き散らしています。

仕事が辛いな〜辞めたいな〜というきっかけがあったときは
なんで辛いのか?ほんとはどうしたいのか?の答えを探してみると良いと思います。きっと、次の行動の手がかりになるはずです。

人の考えなんて変わるものだし、そのときはまたアップデートすれば良いだけです。

わたしは自分のやりたくないこと、興味のないことで自分の時間を浪費するのは死ぬほど苦痛で耐えられませんでした。

 

仕事する環境、だいじ

職場の人間関係は選べません。

そもそもいい上司、気の合う同僚なんてのは、頭の中だけに存在する自分勝手な妄想です。

実際に人間関係がとても良い職場も経験しましたが、それはお互いが心地よく仕事をしようと努力した結果であって
最初から用意されているものではないのです。
 
働いてる時間が1日で一番長いんだから、そこのストレスを減らす工夫とか努力ってすごく大事ですよね。

いまの場所で頑張るのか、それができる環境に移るのか(転職)、はたまたそいういったストレスの無い世界に行くのか(独立・起業)

いまはそれが選べる時代だと思うんです。

どの選択をとっても、必要な努力は半端ないものがありますけど。
「選択肢がある」ことで救われた人もたくさんいるんじゃないかと思います。いい時代だ。

最後に

当時の自分に言いたいのは
働きかたは思ってる以上にたくさんあるよってことです。

学生の時ってそれがどうしても見え辛くて、なにをすればいいのか分からない、けどとりあえず就職しなきゃって思いが先行してしまいがちです。

私もエントリーシートに綺麗事を並べては、面接で薄っぺらいことばっか言ってまひた。
そりゃ落ちるわな、と今となっては思うのですが

「内定」がゴールでしかなかったんだよねー。

 

でも、分かんないなら分かんないなりに選択したことを自分なりの「正解」に近づける努力はできると思うんです。

どんな職場で、なんの仕事をしても、自分自身は簡単に変わりません。

自分らしくない職場へ行くと、私が私じゃなくなっちゃうんじゃないか・・・と当時はびびってた

大丈夫です。なにも変わりません(断言)

川谷絵音も言ってるから、間違いないです。

変わらないどころかむしろ、より確立していきます。

 

最近は辛い職場とか違和感を経験したからこそ今の自分がいるんだなってやっと思えるようになりました。

遠回りして何回も失敗して傷だらけだけだとしても

傷は治るし、遠回りも心の余裕があれば楽しめるものです。

 

焦らずって言われても焦るし
気楽になんて思えないかもしれませんが

まぁどんな会社行っても自分は自分だしなって
思ってられればきっと大丈夫です。

自分を大切に。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です