コラム

ばぁちゃんと、東京の話。

今日はパソコンの前に6時間ぐらい座ってるのですが一向に書きたい記事の構想がまとまらないので、わたしのばぁちゃんの話をすることにしました。

煎茶でも飲みながら読んでいただければ幸いです。

ばあちゃんのプロフィール

名前:ばあちゃん
1932年(昭和7年)生まれ。今年で86歳
生まれも育ちも高知県。
働いていたスナックでじいちゃんに見初められて結婚。
お酒と甘いものが大好きな、いわゆる土佐のはちきん

はちきんとは、「男勝りの女性」を指す土佐弁。ならびに高知県女性の県民性を表した言葉である。

話し方や行動などがはっきりしており快活、気のいい性格で負けん気が強いが、一本調子でおだてに弱いといわれる。

後ろを振り返ることなく前進し続けるといった頑固さや行動力あふれる点で、土佐の男性と共通する。

引用元:Wikipedia

おだてられると、すぐ調子乗る。
行動力はあるけど、前しか見てない。

はい、わたしもどうやらはちきんのようです。

ばぁちゃんはどんな人か

一言で言うと、超アクティブ

毎週か隔週でゲートボールへ通い、フラダンスを習い、カラオケ練習会に通い、たまにトークショーや講演会にも行っている様子。

ばあちゃんちの壁掛けカレンダーにはいつも予定が書き込まれてて、なんだか楽しそう。

外食も大好きで、毎朝近所の喫茶店でモーニングを食べながら友人たちと過ごすのが朝の日課のもよう。

 

そしてラジオが好きで、いつも卓上ラジオを聞いているばぁちゃん。

ばぁちゃんのスゴいとこは、そのラジオから知らなかったことや目新しい情報が流れるたび、すかさずメモに残してスクラップしているところ。

その内容を嬉しそうに話す姿を見てわたしは、こういう姿勢で年をとれたら退屈しないだろうし、楽しいだろうなぁといつも思うの。

なぜなら、人ってある程度年をとると新しいことを始めたり、自分と違う価値観に触れることがおっくうになっていくものだと思うから

でもばあちゃんの貪欲なまでの知りたい、見たい、いろんな場所に行きたいって姿を見ていると年齢ってほんっと意欲とか行動力とは関係無いんだなと実感するわけです。

 

 

帰省した日のうち、半日ぐらいばあちゃんちでぼーっとする日があるんですけど、人がよく訪ねてくるんですよね。電話もよくかかってきてるな。

おかずのおすそ分けだったり、おしゃべりしに来た人だったり、買い物行くけどついでない?とか用件はいろいろ。


何年か前にじいちゃんは死んじゃって、今は一人暮らしなんだけど

こんだけ人に囲まれてて、楽しそうに日々を過ごしているばぁちゃんを見てたらなにも心配がないです。孫は安心して東京で暮らせるよ。(両親が側にいるのも大きい)

ばあちゃんからの電話

私が高校を卒業して、家を出てからこれまで
電話がかかって来た回数が一番多いのは、まちがい無くばぁちゃんです。

いつも「元気かぇ?」「風邪ひいてないかぇ?」「なんかいる物あるかぇ?」とまくし立てては最近あったことなど色々聞かせてくれます。

最近失恋した話をしたときもその返答第一声が「泣いたかぇ?!」で笑えた。
うん。泣いたよーって言ったら「そぅか…」とトーンダウンしてくれました。その確認必要だった?笑

そんで必ず最後に「青春楽しみなさいよ!!!二度と戻らんきね!!!」(土佐弁)と言い残し電話を切るばぁちゃん。すげーROCKだわ。

なんか電話をもらった私がいつも元気をもらえるんですよね。

今を後悔しないように、精一杯生きるよばーちゃん。

わたしが地元に帰らない理由

まぁそんなばあちゃんが最近、高知に帰ってこいってしつこく言うようになりました。

わたしも心が弱ってるときはついネガテイブになって、このまま東京にいてなんになるんだろうって思わないこともないです正直。

んでもねー、いま地元に戻ってもなにもない。というか今の自分がなにもなさすぎて、地元に還元できることが無いの。

田舎から上京した人特有の、謎の使命感みたいなものかもしれません。w

少なくとも地元に帰るって選択肢はこれからもあり続けるだろうけど、それは自分が地元でなにかできるって思えるまでは実現しないような気がしてます。

いま、ここで、できることをこつこつと積み重ねたその先にある未来のほうが、私は見て見たいんだよね。

せっかくデザインスクールに通って良い先生や仲間に出会えたし、仕事も忙しいけどなんだかんだ楽しくて、自分の時間もけっこうあって、ちょっと不便だけど住み心地のいい家があって、友達も近くにいて、って

すごく恵まれてる気もするんだよね。あとは自分が努力するだけっていうか。

そんなことを「地元に帰らない理由」として胸に置いているわたしでした。

 

わたしはばぁちゃんみたいに快活でもなければ破天荒でもないけど
ああいうアクティブで楽しそうな生き方は素直にいいなぁと思うんです。

でも人それぞれ楽しさとか心地よさの形は違ってて、
わたしにとってのそれはどんな形なんだろう?とか、そんなことを考えた夜でした。

それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です