デザイン

働きながらデザインスクールに通った感想と、これから勉強する人へのアドバイス

2017年11月〜2018年6月まで、グラフィックデザインを学ぶためデザインスクールに通ってました。

結論として、スクールに通うという選択をして本当に良かったです。

平日は仕事、土日どちらかは学校。という生活をしばらく続けた感想と、「これからなにか勉強するために学校に通おうか迷ってる」という方へ私なりのアドバイスできればと思い記事にしました。

過去の私
過去の私
デザインの勉強がしたい!フォトショップとかイラストレーターを使いこなせるようになーりーたーいー!
でも仕事もあるし学校とか通えるのかな。お金もかかりそうーだなー。不安。
はるきちくん
はるきちくん
そんな疑問にお答えしていくよー!

 

勉強=新たな冒険ということで初代ポケモンのOPをご用意しました。バックミュージックとしてご活用くださいませ。

うずら
うずら
おれはこいつ(デザイン)と旅に出る。

 

学校ってどうやって選べばいいの?

気になったスクールへはとりあえず見学に行くべし!

私は4つのスクールの見学に行って、最終的に「東京デザインプレックス研究所」とゆー学校に決めました。

スクールを決めるだけで1ヶ月ぐらいかかりましたが、どこの学校に行くかって結構大事なのでここは時間かけて良かったなーと思ってます。

学校によってはあまり情報や口コミがないところもありますし、口コミは書いた人の主観でしかないので自分の目で見て感じたことのほうが大事。

はるきちくん
はるきちくん
ネットの情報と自分で得た情報、どっちも活用できるのがベストだね。

学校見学でチェック必須な5項目

見学に行った際に確認したいのは、実際にかかる費用学習環境、それからどの程度のスキルが身につくのかというところです。
以下、5つのチェックポイントを箇条書きにしました。まともな学校であれば全て明確に答えてくれるはずです。

  1. 教育訓練給付金の対象講座があるか?
    対象講座があれば授業料の20%(最大10万円)が戻ってきます。雇用保険を一年以上支払った人に適用される給付金です。詳しくは厚生労働省ホームページへ。
  2. 教材代は授業料に含まれているか?
    テキストは自分で用意しなきゃいけない場合、授業料だけでなくその金額もみておく必要があります。
  3. 自習環境は整っているか?
    学校が使える時間帯と、自習教室の使い勝手も把握しておきましょー
  4. 学校設備の充実度
    使ってるパソコン、ソフトは最新ものか?プリンターの使用制限はあるか?など
  5. 卒業生のポートフォリオの完成度
    その学校のだいたいのレベルがわかります。必ず複数の作品集を見せてもらうようにしましょう。

 

お金はどのくらいかかるの?

私が調べた範囲でざっくり、半年で40万円〜50万くらい、1年間で100万くらいの価格設定が多かったです。

けっこうしますよねー。

私の卒業した学校は教育訓練給付金制度の対象スクールだったので、授業料の20%が戻って来ました。人生で初めて雇用保険に感謝したよ。

でもここで注意してほしいのが、給付金の対象になるのは学校に支払った総額ではなく、あくまでも対象講座の授業料の20%というところです。

はるきちくん
はるきちくん
複数の講座を組み合わせる人は、それぞれ対象かどうか事前にチェックしておくと安心。

 

仕事しながら学校って大変?

はい、大変です。笑 でも計画的にやれば大丈夫。

授業に出るだけならまだしも、課題作品をつくる時間を確保するのがとても大変でした。

課題というのは具体的にはチラシ、ポスター、パンフレット、雑誌の紙面、写真のコラージュ、パッケージ制作、企業・商品のブランドイメージ制作、などなど。

先生
先生
来週までに作ってきて発表してね~!よろぴく

てな感じの爆弾がだいたい隔週で降ってきます。

平日夜に頑張ろう!と思ってても仕事で疲れてたり、帰りが遅くなる日があったりするとどうしても思った通りに進みません。

じゃあ休みの日ににがっつりやるぞーと決意したものの、一人暮らしだと家のこともしなきゃいけないし、ごはん作って洗濯して掃除してツイッターしてたらすでに夜。とかあるあるでした。

課題は計画性を持ってやろう

これは自分の反省点ですが、課題には計画的に取り組むことがほんとーに大事です。

前日や当日に急いで作っても雑なものしか出来ず、もっとできたのになぁという後悔を何度も経験しました。

うずら
うずら
いや、これわたしの本気じゃないしもっと時間あればいいのできるし
はるきちくん
はるきちくん
見苦しい言い訳はよしなさい

 

完璧よりも継続を

しかーし

はっきり言って全部完璧にやるのは無謀です!w

完璧にやることよりも、勉強と制作を継続することのほうが大事。といつも自分に言ってました。

課題にもバリエーションがあるので、色々作っていくうちに作品との相性も見えてきます。

わたしはやってて楽しくないものは手抜き(というか、できない)、楽しいのは本気で作る(というか、やってしまう)。
という感じでマイペースに取り組んでました。

作品の出来にバラつきは出てしまいましたが、そこはご愛嬌。

 

でもねー気のすむまで作った作品はやっぱり宝物だし達成感も半端ないです。

あーデザインたのしー!ってなります。

クラスメイトたちも仕事しながら通っている人ばかりでしたが、みんな個性あふれる良い作品を作ってくるので

うずら
うずら
負けたくない・・・!

という意地がはたらき、今思えばこの気持ちがかなり制作のモチベーション維持に役立ってました。

デザインに勝ち負けは無いんだけどいいものを作りたい!という気持ちは作品にも反映されると思います。

仲間と言う名のライバルたちと切磋琢磨できるのは、学校に通う大きなメリットよねえ。

はるきちくん
はるきちくん
いい曲だ

 

今から通っても遅くない?

遅くないっ!絶対遅くないっっ!!

やりたいと思ったタイミングが人生で一番早いとき。みたいな言葉をわたしはいつも心に置いてます。(うろ覚え)

いま諦めて何年後かに「やっぱあの時勉強しとけば良かったなー」って思うほうが嫌だもん。

学校にはいろんな人がおります。

大学に通いながらダブルスクールしている学生さんもいれば、結婚して子供育てながら通ってますーなんて人も。

もちろん仕事しながら通ってる人もたーくさんおります!

70歳から写真を始めた西本喜美子さんの記事を読んでさらに思う、なんか始めるのに遅いとかまじでないわ。

 

てか独学で十分じゃない?説。

出来る人もいるだろうけど、かなり難しいと思う。
※わたしみたいな、期限がないとやらないタイプだと特に難しい。

これは一瞬悩んだの。わざわざ大金使って学校通わなくても、ソフトの使い方ぐらいなら独学でも出来るんじゃない?って。
ある程度自分で勉強して未経験で雇ってくれる会社で経験積む。なんて道もあるんじゃないか、とか。

でも卒業した今、学校に通う選択をして本当に正解だったと思います。

他の人の作品にもたくさん触れられ、自分のレベルも痛いほどわかります。

とくに、作った作品に色んな人から意見をもらえるのは学校に通う最大のメリットです。フィードバックはとても貴重!
この客観的な視点から得られる経験値は、独学ではなかなか得られないものです。

 

まとめ:デザインを勉強した感想


デザインに関しては私もまだまだ発展途上で、えらそうなことは全く言えません。

ただ、イラストにしてもデザインにしても0から1を作る苦労というのはどんなジャンルでも同じだということが分かりました。いわゆる、産みの苦しみというものでしょうか。

街に溢れる、ひとつひとつの制作物も誰かの意図や苦労や努力のうえに成り立ってるんだなーと感じるようになり、少し大げさかもしれないけど世の中の見え方が変わった気がします。

わたしがこの街に、社会に、そんなたいそうなものじゃなくても目の前の誰かに提供できる価値ってなんだろうかと試行錯誤を重ねる毎日です。

先生
先生
デザインは作れば作るほど力がついていくねん。

どんなときも、つくる楽しさは忘れずにいたいですね。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です